メイン

ロードバイクのバーテープのおすすめはどれ?最強コスパ商品を紹介します!

きのみ
きのみ
こんにちは、きのみ(skillog2019)です。

 

僕の趣味の1つにロードバイクでのサイクリングがあります。

 

今回はロードバイクの道具の1つである消耗品のバーテープに関して、おすすめの商品を紹介をします。

 

コスパ最強!バーテープのおすすめの商品はこれだ!

 

本日紹介するオススメのバーテープはコチラの商品になります

 

 

 

1000円で手に入るコスパの良い超優良な商品です。

 

25色という豊富なカラーラインナップがあるので、各自の好みに適したアレンジが可能になります。

 

その手軽さからアマゾンランキング1位の人気商品になっています。

 

実際にバーテープを自分で巻いてみた!

 

実際に自分でバーテープを巻いてみました。

 

まずコチラが今回購入した黒のバーテープ

 

ロードバイク バーテープ

 

しっかりとした商品パッケージで梱包されています。

 

そして、コチラがバーテープを外した状態の僕の自転車です

 

ロードバイク バーテープ

 

このロードバイクにバーテープを巻いていきます。

 

詳しい巻き方はコチラの記事を参考にしました

 

 

グリップテープをしっかりと巻いた後のロードバイクがコチラ

 

 

黒色のため、あまり目立ちませんが、しっかりと巻けました。

 

バーテープってなんのために巻くの?

 

自転車のハンドルに巻くバーテープ。

 

消耗品ではありますが、どうして定期的に交換していく必要があるのでしょうか。

 

ハンドルというものは一般的に汗や雨などで手が滑ってしまう危険性があります。

 

ロードバイクは時速30〜40km出る場面もしばしばあるため、一瞬の滑りが命の危険に繋がります。

 

こうした危険性を回避するために、ハンドルを握りやすくする必要があり、それがバーテープの果たす役割なのです。

 

それ以外にも、バーテープを巻くことにより振動吸収性が高められるので、手や全身への疲れの防止や痛みの軽減に役立ちます。

 

それゆえに、バーテープはロードバイクには無くてはならない部品なのです。

 

また、最近のバーテープには、豊富な素材や色が数多く存在しています。

 

それゆえに、ただの機能的な側面としてだけでなく、自分の愛車とのコーディネートを楽しめるのです。

 

バーテープが1つ変わるだけで、その日からの自分の生活に小さな彩りを加えることができるのです。

 

ちょっと気分を変えたい時に心機一転でバーテープを交換してみてはいかがでしょうか。