メイン

学生でもGoogleアドセンスに受かる!審査に合格した際のブログの状態を公開します

きのみ
きのみ
こんにちは、きのみ(skillog2019)です。

ようやくGoogle AdSenseに受かりました。

また、Amazon アソシエイト・プログラムいわゆるAmazoアフィリエイトにも同時に受かりました。

ネットの情報で、「アドセンス審査は厳しい」と懸念していましたが、一発合格しました。

今回は、Googleアドセンス審査通過時のブログの状態を公開します。

今後ブログを始めて、Googleアドセンスに挑戦する人の参考になれば幸いです。

Googleアドセンスに受かった!

Google AdSenseに受かると、下図のようなメールがきます。

これでようやくブロガーとしてのスタートラインに立てたようなものです。

それでは、Googleアドセンスに受かるまでのブログの状態を見ていきましょう。

Google AdSenseに必要な記事数とは?

まず、結論から言うと、このskillogの記事数等のデータは以下の通りになります。

総記事数14記事
総文字数21,669文字
1記事あたり文字数1,548文字

要するに、1記事あたり1500文字の投稿を14回おこなえばGoogleアドセンスに受かる!

他のGoogle AdSenseについて書かれたブログでは、最低10~30記事うんぬんだとか、文字数は1記事、1500文字以上うんぬんだとか書かれているはずです。

しかし、そんなの大して読む必要はありません!

注力することはただ1つ!

「1記事あたり1500文字の投稿を14回しろ!」

これだけで、Google AdSenseの合格に要する水準に達します。

僕は、他のブロガーさんたちの忠告を一切真に受けていません。

しかし、Google AdSenseに一発合格したので、上記のことだけおこなえばよし!

アドセンス審査合格時のブログのPV数とユーザー数は?

僕がブログを開設したのが、2018年12月8日です。

そして、ブログへの初投稿は2018年12月17日でした。

そして、ブログ初投稿から22日目の2019年1月7日にGoogleアドセンスに合格しました。

参考までに、アドセンス審査合格時のブログのPV数とユーザー数を載せておきます。

どうでしょうか?

我ながら、なかなかにヒドイ数字だと思っています(笑)

ですが、裏を返せば、こんな流入数でもアドセンス審査に受かります。

なので、皆さん安心して「1記事あたり1500文字の投稿を14回」しましょう。

きのみ
きのみ
ユーザー数が0の日もあるね、反省しています!

たくさん記事を書いてブロガーへのスタートラインに立とう!

以上が、Googleアドセンスの審査に合格した際のskillogの状態になります。

この記事で紹介した各種数値はブログをはじめる方にとって簡単に達成できるものです。

なので、記事数が〜。文字数が〜。PV数が〜。等に関して心配する必要は全くありません。

大事なのは、そう!

「1記事あたり1500文字の投稿を14回書く」だけ!

これだけであなたはブロガーのスタートラインに立てます。

それでは、未来のブロガーさん達が僕と同じスタートラインに立つことを心から楽しみにしてます。

あ、ブロガーの先輩様方、きのみと申します!今後ともよろしくお願い申し上げます!

それでは。

きのみ
きのみ
もちろん承認条件に関して個人差はあると思うので、そこは勘弁してね!