Git

Git機能を提供するWebサービスを紹介!ド文系でもわかるGit入門


きのみ
きのみ
こんにちは、きのみです。

前回から引き続き、ド文系でもわかるGit入門をお届けします。

Gitの使い方はこれでマスター!ド文系でもわかるGit入門 突然ですが、皆さんGit(ギット)というワードは知っていますか? 僕はついこの前まで知りませんでした。 簡潔に言うと...

今回はGit機能を提供するWebサービスの紹介をおこないます。

BitbucketとGitHubの違いとは?

Git機能を提供するWebサービスはいくつか存在していますが、今後skillogでは「Bitbucket」を用いて説明する予定です。

ちなみに、Bitbucket以外に有名なサービスとしてGitHubが存在しています。

では、このBitbucketとGitHubの違いとは何か。

ほとんど違いはないのですが、強いて挙げるとすれば以下の通りになります。

・Bitbucket:非公開のプライベートリポジトリを無料で作れる
・GitHub:公開リポジトリは無料であるが、非公開のプライベートリポジトリは有料である

こうした性質上、Bitbucketは主に商用開発や社内用プロジェクトで用いられ、GitHubは主にオープンソース系のプロジェクトで用いられます。

非公開のプライベートリポジトリを無料で作れるので、skillogではBitbucketを採用しています。

SourceTreeとは?

SourceTreeとは、GitのGUIクライアントソフトの1つです。

SourceTreeを用いることにより、Gitをウィンドウやアイコンで操作できるので、Gitの操作が容易になります。

さあ、Gitを使っていこう

当入門ではSourceTreeを介してGitを利用していきます。

きのみ
きのみ
詳しいインストール・セットアップ方法は次回以降の記事でおこなっていくよ!
SourceTreeのインストール方法を徹底解説!ド文系でもわかるGit入門 前回はGitを用いたWebサービスについて説明しました。 https://skillog.jp/git2 そのWeb...