Git

Gitの使い方はこれでマスター!ド文系でもわかるGit入門

きのみ
きのみ
こんにちは、きのみです

突然ですが、皆さんGit(ギット)というワードは知っていますか?

僕はついこの前まで知りませんでした。

簡潔に言うと、Gitとは、バージョン管理システムの一種なのです。

現在、世界の多くのエンジニアがGit(ギット)を利用してコードを効率的に管理するようになり、開発作業の生産性が大幅に向上しています。

そして、現在はエンジニアに限らず、Webディレクターやデザイナー等のWeb担当者にまで幅広く使用されるようになっています。

当入門では、ド文系の方でも、まずは手軽に作業の中にGitを取り入れて、生産性の向上に役立ててもらうための入門記事を目指しています。

Gitって何をするもの?

簡単に言えば、Gitとは「誰がいつ、何を変更したかを管理する」ものです。

そのシステムをバージョン管理システム(VCS = Version Control System)と総称します。

このGitを作業に導入することによるメリットは大きく2つあります

・最新のファイルデータがすぐにわかる
・データのバージョンをいつでも戻すことができる

このメリットにより、例えば、チームプロジェクト間での以下のやりとりが解消されるのです。

「このファイル誰が更新した?」
「どこの部分を変えたの?」
「俺の更新していた部分がいつの間にか元に戻ってるじゃん!」

要するに、Gitでは「誰がいつ、データのどの箇所をどういった目的で変更したかという履歴を容易に共有する」ことができるのです。

Gitを使う際のキーワードをマスターしよう

さて、バージョン管理システムであるGitを学ぶ際に、いくつかの専門用語が存在しているので予めそれらをここで学習しておきます。

・リポジトリ:Gitのバージョン管理下にある場所のこと
・リモートリポジトリ:サーバにリポジトリを置くこと
・ローカルリポジトリ:自分のPC内のみで完結するリポジトリのこと
・コミット:変更履歴を記録する作業のこと
・ブランチ:履歴を枝分かれさせて記録する機能のこと
・マージ:ブランチ同士を結合する機能のこと

これらはGitを扱っていく上で、必須のキーワードなのでぜひ覚えておきましょう。

Gitにおける作業の流れ

Gitを利用した作業は、一般的に指定したリポジトリ内で修正とコミットを繰り返すことから構成されています。

そして、開発作業の際には、メイン開発にあたる部分をマスターブランチとして決めて、残りのサブ的な機能を担う開発部分はマスターブランチとは違った別のブランチを作成して開発を進めていきます。

こうして枝分かれしていったブランチを一つにまとめる役割を担うのがマージです。

これによって、作業ごとにブランチを作成し、その作業が完了したら、元のブランチにマージして一つにまとめることが可能になるのです。

また、Gitはリモートリポジトリに加え、端末ごとにローカルリポジトリを備えているので、オフラインでも一定の作業が可能になります。

ド文系でもGitは簡単に使いこなせる!

Gitといえばコマンドを入力しなければ活用できない、敷居の高いイメージを持っている方が多いと思います。

しかしながら、現在はド文系でも簡単に操作が理解できる改善が施されているので、誰でも学びさえすれば扱えます。

本記事を見て、なぜ今までこんなに便利なものを使ってこなかったのだろう、と感じていただければ幸いです。

きのみ
きのみ
次はWebサービスを導入していくよ!
Git機能を提供するWebサービスを紹介!ド文系でもわかるGit入門
 前回から引き続き、ド文系でもわかるGit入門をお届けします。 https://skillog.jp/git1 今回は...